日本財団の助成事業として、「日本手話に特化した翻訳・通訳技術向上の支援事業」を2017年度も行うことになりました。主な内容は下記のとおりです。

 

1)e-ラーニング翻訳講座(聴者対象)

 日本手話から書記日本語への翻訳講座です。

 

2)翻訳講座(聴者対象)

 書記日本語から日本手話への翻訳講座です。

 

3)通訳理論講座(ろう者、通訳者対象)

 通訳理論(通訳論)について専門的に学ぶための講座です。

 

5)ろう通訳養成講座(ろう者対象)

 ろう通訳者をめざしている人のための講座です。

 

6)フィーダー養成講座(聴通訳者対象)

 ろう通訳者のパートナーとなるフィーダーを希望している方のためのコースです。

 

7)学術分野における弱点克服セミナー(ろう通訳者、ろう教師対象)

 ろう通訳者及びろう教師を対象にした学術分野における知識を手話で得るための講座です。

 それぞれの学術分野の専門家に講義をしていただきます。